工夫がいっぱいの狭小住宅|縦に長い家が人気

つみき

狭小地を生かした住宅

内観

土地の形状に合わせて

日本の戸建て住宅の広さは、30〜40坪が平均となっています。つまり戸建て住宅を建てるには、そのくらいの敷地が必要ということですが、土地の中には、建物や道路に挟まれているため、15〜20坪ほどしかないというものもあります。そういった狭小地を有効利用するために建てられた戸建て住宅が、狭小住宅です。狭小住宅は、土地の形状を最大限に生かして建てられます。たとえば細長い土地の場合、狭小住宅も細長い形にするわけです。具体的には、部屋のひとつひとつを細長くしたり、廊下を作らずに部屋と部屋とをつなげたりといった工夫が凝らされているのです。また敷地が狭い分、3階建てにすることで縦方向に広げた狭小住宅も、よく建てられています。

地価の安さ

建物の多い都市部には、その分狭小地が多くあります。狭小地は、広々とした土地と比較すると活用しにくく、その分地価が低めとなっています。都市部は一般的に地価が高いのですが、それでもその中で狭小地に関しては、周辺の半値ほどで販売されていたりするのです。その分購入にかかる負担が少ないということですから、都市部では狭小住宅に高い需要があります。都市部は、交通の便や環境の良さから地価が高くなっているのですが、狭小住宅を選べば少なめの出費で、メリットの多い都市部での暮らしができるわけです。また3階建ての狭小住宅の場合、周辺の2階建ての戸建て住宅よりも高さがある分、日当たりや眺めが良いというメリットもあります。

子供を育む家

家

子供のストレス発散になる注文住宅を建てる際は、住まいの中に遊具を設けてみましょう。注文住宅であればジャングルジムや滑り台を造れます。また兵庫で子供が受験を控えている場合は勉強が捗る注文住宅を造りましょう。

もっと詳しく

フォロー内容をチェック

部屋

分譲住宅は注文住宅よりも、アフターフォローが弱いと言われています。長く住む事になる家ですので、アフターフォローがしっかり整っているかをチェックしましょう。浜松に分譲住宅を建てている業者の中には、10年間の地盤保証を設けている所があります。

もっと詳しく

個性が出せる建築様式

間取り

注文住宅でオリジナルマイホームを建てて、湘南の海辺をペットと共に散歩するなんてお洒落な生活ができたら最高ですね。注文住宅で個性あるマイホームを建築される方は増加傾向にあり、今後も需要拡大が続いていくでしょう。これは住宅を自分のライフスタイルに合ったものにすることができます。

もっと詳しく